映像求人の種類はどのような仕事か

映像求人の種類はどのような仕事か

求人サイトや求人誌を見ていると、たまに映像求人という内容の求人情報を見掛けます。この映像求人とは、具体的にはどのような仕事内容なのでしょうか。



今回は、様々な求人の中で、よく見掛けるブライダル関係の映像求人情報について、どのような仕事内容なのかを書いていきます。

まず、ブライダルとは「婚礼」の事を指します。

NAVERまとめの情報も多数ご用意しました。

このブライダルで使う映像には、大きく分けて3種類あります。1つが、生い立ちビデオと呼ばれる、新郎新婦の生い立ちを紹介するビデオです。


もう1つは、式がお開きになった後に流す、映画のエンドロールのような映像です。


最後に、式の様子を最初から最後まで記録する映像の3種類です。実際に式を挙げる方にもよりますが、大きく分けると、この3種類になります。


どの映像も制作するには、ある程度の知識と技術が必要ですが、この中で最も難しいのは、挙式から披露宴までを記録するビデオカメラマンとしての仕事です。

新郎新婦にとっては、式当日の時間は、恐らく一生に一回です。

ブライダルのビデオカメラマンは、お2人の大切な時間を1秒たりとも逃さずに記録していく必要があります。しかも、高品質な映像でなければなりません。

映像にストーリー性を持たせ、お2人を含む家族全員の感情や表情を記録していくのです。

この為、1人で撮影を行えるようになるには、ある程度の期間は、先輩のアシスタントをこなして仕事を覚えていく必要があります。

たくさんの映像を見て、編集の方法を理解して、初めて式で映像を撮れるのです。



ブライダルカメラマンの仕事は、華やかではありますが、多くの経験が必要となるでしょう。

Copyright (C) 2016 映像求人の種類はどのような仕事か All Rights Reserved.