未経験だけど…映像制作会社に就職する方法は?

未経験だけど…映像制作会社に就職する方法は?

テレビ番組には多くの人が関わっていますが、実際に映像の制作を請け負っているのは、映像制作会社と呼ばれるテレビ局以外の会社です。

プロデューサーやチーフディレクターと呼ばれる、いわゆる番組を安心して世に出すための最後の砦となっている人はテレビ局の社員ですが、それ以外の映像制作業務のすべてが映像制作会社の人間によるものであるといっても過言ではありません。

テレビ局の社員のほとんどが、ニュース番組を作る記者、人事や番組の編成等に関わっていて、実際に番組制作をする機会はありません。番組制作をしたいのであれば、映像制作会社に就職するのが一番の近道です。


では、就職するためにはどのようにすればいいのでしょうか。

マイナビニュース情報を利用しましょう。

一番早い方法は、AD(アシスタントディレクター)としての就職を希望することです。ADは、映像業界全体を見回しても人が足りておらず、常に人材を募集している状態です。


そのため、業界未経験で、技術や知識がなくても簡単な面接だけで入社できることがあります。

念入りな研修を用意していない会社がほとんどなので、入社してすぐに業界で働くことができます。


常に人材が足りないということは、同時に、多くの人がすぐに辞めていくということでもあります。

映像制作会社情報に対応した情報サイトです。

過酷な労働環境、理不尽なディレクターとの仕事などから、耐えられずに辞めていく人がとても多い職種なのです。

担当する番組や入社する会社により差はあるものの、基本的にどの環境においてもきつい職業である、ということです。



それでもテレビ番組の制作に対して情熱を持ち、ゆくゆくはディレクターになりたいというのであれば、映像制作会社への就職が最もよい方法だといえます。

Copyright (C) 2016 未経験だけど…映像制作会社に就職する方法は? All Rights Reserved.